Where there is a will,        there is a way.

顎変形症・転職・資格取得など。20代後半OLのいろいろ。

病院探しと家族

やらなきゃいきないことがたくさん。

転職先も探さなければいけないけど、

年度末までは今のお仕事をやめるわけにはいかないから、

転職は短期集中ということで、まずは、顎変形症の手術のこと。

 

★手術に関して今段階の簡単な計画はこれ

6月:手術すること決心(←今)

7月:病院決める

8月:受診

 

ということで、7月に向けて病院探し始めました。

最初に受診した歯列矯正専門の病院に大学病院への紹介状を書いてもらおうと

思ったんだけど、あれはカウンセリングであって、

治療を受けたわけではないから、紹介状をもらうのは難しいみたい。

今、通っている普通の歯医者さんに紹介状書いてもらえばよいのかしら?

一回相談してみよう。

 

家族にも手術のことは直接伝えました。

家族には言わないで一人ですべてやりきろうかなとも思ったんだけど、

審美にかかわる部分だからどうしても一人で乗り切れる気がしなかった。

周りのとくに家族の理解はすごく重要になると思い、

伝えてみたところ...親は泣き、兄弟は驚いていて...

大変複雑な心境でした。

 

でも親は協力体制が強かったから、とりあえず一安心?

兄弟に関しては、遠く離れて暮らしている分、

他人事感はどうしても強くなるからしょうがないと割り切っていました。

 

が、昨日親から電話が来て

『兄弟が知り合いの有名なお医者さんに病気の治療法とか、良い先生のこととか

色々聞いて情報収集してくれてるみたいだよ』

と連絡をもらいました。

 

親からも

『通院してる整形外科の先生に相談したら、優秀な先生知ってるから、

総合的なことも考えていくつかピックアップしとくって言ってくれたよ』

との言葉。

 

何も頼んだりしてなかったのに...。

こんなに家族の愛情を直接的に感じたのは初めてかもしれない。

ずっごくうれしかった。

とくに兄弟に関しては、普段そんなことをするタイプじゃないから、

涙が出てしまった。

今日なんてめずらしく電話がかかってきて、少しお話したけど、

気を使っているのか手術のことには何も触れずに、そっとしておいてくれた。

 

今後、周りになんて言われるのか、ものすごく不安だけど、

家族がいてくれるから、何とかなる。って思えました。

本当にありがとうの気持ちしかない。

 

うし!自分で集めた情報と家族からの情報をまとめて、

納得のいく治療ができるように、自分に合う病院を決めるぞ!

不安しかないけど前に進まないと!うし!

 

あんフランス。

 

 

 

自分のための備忘録です。

今日から、自分の備忘録のためにブログを始めます。
きっかけは、20代後半になり、人生をいろいろ考え始めたときに問題発生...

お財布にも余裕が出てきて、昔からやりたかった歯列矯正をしようと
何気なーく行った病院で、予想外の診断...。

 

『あなたは顎変形症です。歯列矯正をしたいのであれば、手術が必要です。
今手術をしないにしても、今後、年齢を重ねるにつれて顎関節に痛みを感じます。
そうなると、手術をせざるを得ない状況になると思います。』

 

.....?....手術とは..???

『わざと噛み合わせをずらしてから、下顎を定位置に戻す?手術です。
あなたの場合は、オトガイ(顎の先端?)部分も長いので、最大7㎝は
カットすることになるかと思います。』

 

.....?!(7㎝?!)
それってもはや整形では....

『そう捉えられる方も多いですが、れっきとした病気なので、保険も適用されます。
周りの理解も必要だし、ご自身の気持ちの整理もつかない部分があるかと思うので、
ゆっくり考えてください』

と診断され、

 

......とりあえずとても泣きました。極めつけは、
『手術をするのであれば、3から4年は同じ病院に通って頂くことになります。』
という先生の言葉。

 

はい!私、転職考えてました!
はい!はい無理ー!いろいろ無理ー!
人生積んだ!

ということで、2か月くらい落ち込みました。
が、決心して手術を受けることにしました。
そして転職もしちゃいます。

 

ということで、
手術・転職という大きな出来事を無謀に挑戦するために
やる気が途切れないように
自分を奮い立たせるために
日々の出来事を書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

あんフランス。